未分類
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.31 Tue
今回の記事は徳山秀範が担当します。

仕事で成功し、かつ家族との関係や趣味の分野でも充実した生活を送ることは可能でしょうか?

仕事上の挑戦が絶え間なく続く環境においては、
仕事と私生活の両立は容易なことではありません。
日々プレッシャーに押しつぶされそうに感じている方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
このようなケースで多くの方が誤ってしまうのは、
仕事とそれ以外のことの時間配分(バランス)を考える際に、
唯一の正しい比率(例えば50:50)があるという前提を置いてしまうことです。

仕事で成果をあげることに価値を見出す人であれば、
仕事70:それ以外30という比率を採用すればよいでしょう。
(ただし、家族との時間は犠牲になることは間違いありません。)
仕事は私生活を支えるための必要最小限度に抑えたい人にとっては、
上記と真逆の比率が好ましいでしょう。
(ただし、出世はあきらめなければいけないかも知れません。)

バランスとは、自らが個人として、
また職業人として人生に何を求めるかによって
自分にとって何が適切かを判断し、
その判断に基づいて行う個人的な選択です。
大事なのは、比率そのものではなく
何らかの選択をし、その結果を引き受けるということです。

時間配分は手段であって、目的ではないということですね。

結局、自分自身をよく知ることが大事であって、
これがすごく難しい・・・。


【参考】:プレジデント2007.3.17号 J・ウェルチのビジネス問答

スポンサーサイト
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。